日本マクドナルドホールディングス

日本マクドナルドホールディングスは、1971年に一号店を銀座に出店して以来、国内での店舗数は3000を超える大きなものとなっています。この数字はファーストフード業界で飛び抜けたシェアを誇り、2位のモスバーガーを大きく引き離しています。しかし、デフレの影響や外食産業の多様化による競争の激化といった時代の変化によって困難な時期もありました。どの様にその都度乗り越えてきたのでしょうか。

まず、一番大事な点は、会社独自の徹底的なマーケティング調査によるものが大きいとされています。一つのお店を出店する場合、そこの地域の場所や住んでいる人の年齢層、他のどの様な外食産業が出店しているかなど様々な角度から調べます。その結果を元に、家族向けに大きな店舗でゆったり過ごしてもらうように設計したり、ドライブスルーを導入して、回転数を上げていく等といった戦略を練っています。また、65円ハンバーガーの投入やメニュー表の撤廃など、これまでの常識を覆してきたのもマクドナルドの特徴であり、その時代の消費者のニーズに素早い対応をしています。

これから先、ファーストフード業界全体が顧客の獲得にさらなる努力をしていくなかにおいて、マクドナルドの次なる一手に常に注目が集まっています。