飲食業界の現状

食べ物が少なかった時代においては、お腹いっぱいになるまで食べることに主眼が置かれていました。しかし、24時間、何時でもどこでも、好きなものを食べられるようになった現在の日本においては、ダイエットやアンチエイジングと言った健康に良い食材の需要が高まり、食品偽装などが起こったこともあって産地を表示してより安全なものを食べたいという観点で選ぶことが多くなってきています。

また、長時間働いて疲れて帰って食事を作る事が面倒になってしまうサラリーマンや、高齢化社会が進む日本において、一人暮らしの高齢者の為に、食材や作られた食品を宅配してくれるサービスの需要も、近年では高くなってきています。今後の展望として、人口減少の影響と国内市場は飽和状態にあることから、食品業界はより海外に目を向ける事になるでしょう。というのも、日本の食材は健康面や品質管理、安全面の観点から見ると海外からの評価が非常に高く、特に中国などのアジア諸国はもちろん、欧米でも注目が集まってきています。そして、その流れは今後も続くと見られています。また、国内に目を向けると、高齢者のニーズに合ったサービスの提供が、より求められるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>